便秘で薄毛、抜け毛

便秘は薄毛や抜け毛の原因になるのでしょうか?便秘は様々なデメリットを引き起こしますが、その中でも薄毛や抜け毛にも影響を与えるのか調査しました。
MENU

便秘が与える薄毛や抜け毛への影響

便秘というとお腹が張ってイライラしたりと精神的にも悪影響ですし、もちろん体調的にも体重が増えやすくなったり代謝が落ちてしまうなど、ダイエットの大敵というイメージですよね。

 

でも実はそれだけでなく、便秘というのは薄毛や抜け毛の原因にもなってしまうのです。

 

そもそも腸には食べ物に含まれている栄養素を体に吸収する大事な役割があるのですが、便秘になって腸内に便が停滞してしまうと、その「栄養吸収」が十分に行われなくなります。

 

その結果、体はもちろん髪の毛に必要な栄養素も十分に取り込むことができない…という状態になってしまうのです。

 

さらに、便秘になってしまうということは腸内に悪玉菌が溜まっている状態だということが言えます。

 

悪玉菌が増えると毒素が発生し、解毒のために肝臓や腎臓などの臓器にに大きな負担がかかります。その結果、免疫力がどんどん低下してしまうのです。

 

人間の体というのは良く出来ており、このような状況では生命に関わる器官へ優先的に栄養が送られるようになっています。そうなると、生命活動に直接関わりのない髪の毛というのはどうしても後回しになり、結果的に薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうというわけなのですね。

 

なので、健康のため、そして髪の毛のためにも、便秘を防ぐ生活習慣を心がけるというのは非常に大事です。

 

そのためには、水をたっぷりと飲む、食物繊維の含まれた食品や発酵食品、乳酸菌などが入った食品を摂るなど、腸内環境を良くする習慣を心がけましょう。

このページの先頭へ