髪の悩みを解消するスカルプシャンプーランキング!

髪の悩みを解消するスカルプシャンプーランキング!頭皮が臭う、ベタつくと気になったらスカルプシャンプーですっきりしましょう!女性も男性も時分の頭皮に合ったシャンプーを選択することで時分の地肌の悩みを解決できます。
MENU

髪の悩みを解消するスカルプシャンプーランキング!

スカルプシャンプーとは?

シャンプーというと、髪の汚れを洗い流すための洗浄剤というイメージがありますよね。

 

もともとシャンプーは髪の汚れを洗い流すヘアケア製品なのですが、実は髪を健やかにするには、髪そのものよりもその土壌が大切ということが認知され始めています。この紙の土壌というのは、頭皮です。

 

頭皮をケアする為に生まれたのがスカルプシャンプーなんです。

 

スカルプというのはもともと人の頭皮という意味合いがあります。髪を洗うだけではなく、頭皮を洗い、頭皮を清潔に保つことは髪を健やかな状態に保つためには必要ということでうまれたのがスカルプシャンプーです。

 

従来のシャンプーは表面的な髪の美しさを整えるためにありました。そのため、かなり強い洗浄成分が含まれていたり、シリコンなど髪をつややかに見せる成分なども含まれていました。

 

ですが、この強い洗浄力が頭皮に必要な皮脂を洗い流し、シリコンが毛穴に詰まることで髪が育ちにくい頭皮を作ってしまっていたという傾向が出てきました。

 

スカルプシャンプーは必要な皮脂は残し、毛穴の詰まりを改善する効果なども持っている、頭皮を健康にするためのシャンプーになっています。

女性と男性のスカルプシャンプーの違い

髪の悩みは男性も女性も持っています。髪の悩みが頭皮に原因があるということで、最近ではスカルプシャンプーも多く出回っていますよね。
そこで気になるのが、スカルプシャンプーはどれも同じなのか?男性用と女性用ではなにか違いがあるのか?という点です。

 

実は男性用と女性用では、その洗浄力に大きな違いがあります。

 

男性と女性とでは、もともと分泌されるホルモンのバランスが異なります。男性は男性ホルモンの分泌が活発で、女性は女性ホルモンの分泌が活発です。

 

男性も女性ホルモンの分泌はありますし、女性も男性ホルモンの分泌がありますが、その量はやはり圧倒的に違いがあります。皮脂の分泌は男性ホルモンによって促される為、男性と女性では皮脂の分泌量がかなり違いがあります。

 

男性向けのスカルプシャンプーは皮脂の分泌量が多い男性の頭皮の皮脂汚れを落とすことができるよう、強い洗浄成分が含まれていますが、一方で女性のスカルプシャンプーは男性用に比べると洗浄成分は弱くなっているんです。

 

女性が男性用のスカルプシャンプーを使うと皮脂を落とし過ぎ、男性が女性用のスカルプシャンプーを使うと不要な皮脂を残してしまうことになります。

女性が薄毛になりやすい生活

女性は男性に比べるとい額の生え際や頭頂部などの一部分が薄くなるというのではなく、髪全体的に薄くなっていくび漫性脱毛の症状を訴える人が多くなっています。

 

このび漫性脱毛は、主にストレス生活習慣の乱れなどによって凝ることが多くなります。

 

特に女性の場合、ダイエットによって薄毛になるという傾向があります。

 

かわいく、綺麗に見られたい。そんな気持ちから無理をしがちです。今は10代、20代でも薄毛になやんでいる女性は多いので気をつけましょう。

 

参考:20代の薄毛に効く女性用育毛剤はこちら

 

栄養バランスが取れる食事をして、運動をするというダイエットであれば問題がありませんが、女性の中には食事を極端に減らし、栄養バランスが崩れた食生活を行うことでダイエットを行うという人も多くなります。

 

この栄養バランスが崩れていることで、髪に必要な栄養素が取り入れることが出来ずに髪が抜け薄毛になるという方はとても多くいます。
また女性には睡眠不足を感じている人も多く、髪の成長が行われる時間帯にしっかりとした睡眠を取ることが出来ず、薄毛になるというタイプの人もいます。

 

育児や家事、仕事などさまざまな部分で感じるストレスによって、自律神経やホルモンバランスが乱れ頭皮の血行が悪くなって薄毛になってしまうという人もいますよ。

全体的に髪がうすくなる原因

髪全体が薄くなるタイプの脱毛はどうして起こるのでしょうか?

 

一般的には頭頂部や額の生え際など、一部の髪が薄くなることが多いのですが、中には髪全体が薄くなるというタイプの方もいます。

 

頭頂部や額の生え際の薄毛の理由は、男性型脱毛症といわれる男性ホルモンの影響で起こる脱毛と言われていますが、全体が薄くなっていくのは生活習慣の乱れやストレスなどによって起こる。といわれています。

 

ストレスによる脱毛は神経性脱毛症といわれ、ストレスが自律神経を乱し、ホルモンバランスが崩れることで頭皮の血行が悪くなり、髪に必要な栄養が行き渡らないので髪が抜けていきます。

 

ストレスを上手に解消することで、この神経性脱毛症は改善する可能性が高くなります。

 

睡眠不足や不規則な生活、暴飲暴食といった行為も、髪を成長させることが出来ずに薄毛になっていくことがあります。栄養の偏った食生活などによって髪の成長に必要な栄養素が摂取できないことでも髪は抜け薄毛になっていきます。

 

このタイプの生活習慣を整えることで髪が増えていくというケースが多くなっていきます。

額から髪がうすくなる原因

最近何となく額が広くなってきたような気がするということに気が付き、はじめて薄毛になってきたかもと思う方もいると思います。この額から髪が薄くなるというのは、実は男性に多いタイプの薄毛になってきます。

 

額から髪が薄くなると、その生え際がM字型に後退していくため、M字ハゲとも呼ばれますが、その原因はDHTという男性ホルモンが産生される為です。

 

この男性ホルモンには髪の成長を阻害する因子が含まれており、このDHTが産生しやすい額の生え際当たりで髪の成長が阻害され、髪が成長できずに薄くなっていくという現象が起こります。

 

このDHTというのはもともとは男性ホルモンの一つテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素と結びつくことで産生されます。額の生え際はこの5α-リダクターゼという酵素がとても多くあるために、額の生え際から薄毛になりやすいという特徴があります。

 

同じように頭頂部にも5α-リダクターゼが多くあるため、やはり額と同じように頭頂部も薄毛が起こりやすくなっています。額の生え際の薄毛の原因はこのDHTにあるんです。

頭頂部の薄毛のメカニズム

薄毛に悩む人の中でも、頭頂部が薄くなることに悩んでいるという人は多いですよね。この頭頂部の脱毛は女性に比べると男性に多くみられる傾向でもあります。

 

実はこの頭頂部が薄くなるタイプの薄毛は、AGAと呼ばれる男性型脱毛の特徴的な脱毛タイプでもあります。

 

男性型脱毛は、テストステロンという男性ホルモンが、頭皮に存在している5α-リダクターゼという酵素とかかわり合うことで、ジヒドロテストステロンという別の男性ホルモンに変化します。

 

このジヒドロテストステロンが髪の成長を阻害し、成長できない髪は抜け落ちてしまうんです。5α-リダクターゼは頭頂部や額の生え際の部分にとても多くあるため、頭頂部ではジヒドテストステロンが発生しやすく、頭頂部の脱毛が進みやすくなってきます。

 

男性に比べると女性の方がテストステロンの分泌量が少ないので、ジヒドテストステロンの発生が少なく、頭頂部の薄毛になることが少なくなっています。頭頂部の薄毛の原因はこのようなホルモンの働きによっておこるものです。

 

ジヒドテストステロンの発生を阻害することで薄毛治療を行うことが出来る可能性が高くなります。

姉妹サイト

髪の毛を早く伸ばしたい方はhttp://www.lehmschlog.com/を参考にしてみてください。

このページの先頭へ